Q&A

生ゴミを投入するだけでいいのですか?

① ゴミサーの蓋を開けて生ゴミを入れ、蓋を閉めるだけです。
② ゴミサーの槽内上部や周辺及び、排水管などを定期的に清掃し、きれいな状態でお使いください。

なぜ早く消滅するのですか?

ゴミサー装置内にはコア(媒体と微生物)・撹拌装置・ヒーターがあり、それに温度と酵素及び水分がうまーく自動調整されて微生物が活発になり自化発酵熱(40度〜50度)が出て、なるからです。

投入してよい物は何ですか?

人間が食物としている物、または発酵分解するものです。

異物が入った場合はどうすればいいのですか?

ゴミサー本体の電源を切り、安全確認後本体上部の投入口から、取り出して下さい。

水分の多い生ゴミの投入方法は?

通常の水切りで大丈夫です。

臭気は?

ゴミサーは少量の水を散水しますので、臭気の発生が少ない装置です。
処理量に合った投入量なら心配ありません。
処理量や処理物に合った運転方法にも出来ますのでご相談ください。

価格はどのくらいですか?

他社製品よりは安価と思いますが、弊社及び販売店にお問い合わせください

ランニングコストはどのくらいですか?

電気代と水道料金:コア代が必要です。
他社/他の処理方法(堆肥/乾燥/炭化)と比較しても安価と思います。

保守点検はありますか?

ご利用者でも出来ますが、弊社及び販売店とのメンテナンス契約をお奨め致します。
45年以上の各種ミキサーを開発製造して来た経験と、攪拌技術を生かした製品です。
丈夫に的確に製造していますし、故障は極端に少ない。

実績は?

弊社は平成2年にゴミサーを開発し、平成4年から販売を開始しております。 その間に小学校/保育園/老人ホーム/社員食堂/給食センター/ホテル/山荘/スキー場/そば屋/旅館/集会場/料理教室/福祉施設/食品加工場/スーパー/百貨店 等に多く導入されています。